歯肉炎・歯周炎を防ぐ歯磨き粉ランキング@歯周病におすすめは?

歯周病歯磨き粉ランキング

京都やまちや なたまめ柿渋歯磨き

なたまめ柿渋歯磨きは、口の悩みに有効な2大成分を配合した歯磨き粉です。

 

口臭や口のネバつき解消に良いなたまめ歯周病ケアに有効な柿渋、そして黄ばんだ歯を白くするサンゴの成分をトリプル配合しています。

 

3つの自然派原料を使用した薬用歯磨き粉に仕上がっています。現在、全額返金保証付の購入ができます。

 

プロポデンタルEX

プロポデンタルEXは、歯科医が3年にわたり研究・開発した歯周病専門歯磨き粉です。

 

成人の約80%が歯周病もしくはその予備軍とされています。歯周病のケアとしておすすめなのがプロポデンタルEX。これまでに500万本以上売れており愛用者が多い歯磨き粉です。

 

専門家による臨床試験の結果、歯周病に効果を発揮することが認められています。今なら初回限定特別セットの購入ができます。

 

マスティック&アロマ

マスティック&アロマは、9種類もの天然ハーブを高配合したエステ感覚の薬用歯磨き粉です。

 

歯周病や口臭の原因となる口の中の悪玉菌を撃退し、善玉菌を増やすサポートをする天然ハーブをたっぷり配合。お口のマッサージジェルとしても使えるため女性に愛用者が多いです。

 

ネット申込限定!お得な3大特典付の購入ができます。

 

歯周病とは

 

歯周病とは、読んで字のごとく歯の周囲に生じる病気のことです。歯の病気である虫歯の場合は痛みが酷かったり歯が黒くなったりと気づく要素が大きいのに対して、歯周病は痛みや見た目の変化が虫歯ほど大きくないために気づきにくい厄介な病気です。

 

変化のなさが怖い歯周病

 

痛みや見た目の変化がないなら放っておいても大丈夫そうに思えてしまいますよね。変化がないから怖いんです。大きな変化はなくとも、炎症を起こしています。また、気づかないために炎症がそのままになってどんどん進行していきます。

 

まず、歯肉炎に、悪化すると歯周炎になって、最終的に歯を支えていられなくなり、健康な歯でも抜けてしまうのです。

 

歯肉炎とは

 

歯周病のスタート段階である歯肉炎。歯肉とは歯を支えている歯茎のことで、健康な状態の歯茎はピンク色、炎症を起こした歯茎は赤みを帯びます。

 

ショッキングピンクから真っ赤に変わるならともかく、素人目には「よく見ると赤いかも?」くらいの変化しかありません。よって、色よりも状態をチェックしてください。

 

健康な歯茎は引き締まっていて出血しにくいです。炎症を起こしている歯茎は腫れていて出血しやすくなっています。出血しやすくなったら歯肉炎を疑いましょう。

 

歯周炎とは

 

歯肉炎が進行した歯周炎では、歯茎の色はさらに不健康な赤紫っぽい色になります。が、やはり、色だけでは判断しにくいかもしれません。

 

歯肉炎よりももっと出血しやすくなっているので、歯ブラシが軽く当たっただけでも出血します。
血だけでなく膿が出ることもあります。

 

なんだか歯が長くなったような気がする。ぶつけた覚えもない歯がぐらぐらする。これらは、歯茎が縮んで歯を支えられなくなり始めているサインです。

 

歯周炎になると歯茎以外の組織も炎症を起こしてしまいます。歯に気を使うなら、歯の周囲にも気を配ってくださいね。

ホワイトニングの効果

食事や生活習慣、加齢によって、歯というのは黄ばんだり黒っぽく変色していきやすくなります。普通の汚れくらいであれば、クリーニングをしたり歯を磨くことによって除去することが可能になっているのですが、変色してしまっているのであれば、クリーニングや歯磨きで取り除くことはできないのです。

 

着色汚れを取り除いて歯を白くさせる方法となっているのがホワイトニングとなっています。ホワイトニングには過酸化水素といわれる成分が含まれているのですが、この過酸化水素によって着色成分の分解をしていくのです。ステイン除去可能な歯磨き粉はこちら⇒ホワイトニングの歯磨き粉のおすすめランキング最新版

 

歯にホワイトニングを塗ることによって、水と酸素に分解され、一緒に色素も分解されることになります。過酸化水素が分解されることによって、活性酸素が生成されるのですが、この活性酸素によってエナメル質で光が分散されて白くきれいな歯に見せることができるのです。

 

それにあくまでも着色している成分だけを取り除きますから、歯にダメージを与えてしまうということがないというメリットもあります。

 

ただし、どのような肌としてもホワイトニングで白い歯にすることができるというわけではありません。ホワイトニングで分解をすることができるのは、カレーの黄ばみや赤ワイン、コーヒー、ヤニ、加齢による黄ばみなどです。ホワイトニングで白い歯にしつつ、歯磨きを丁寧に行ったり、歯を変色させる原因であるコーヒーなどを口にしないことで効果を持続させることができます。

 

反対にホワイトニングをしても白くすることができない歯もあります。例えば、テトラサイクリンという抗生物質で歯が変色してしまっている場合や、人口の歯というのは、ホワイトニングをしても白くさせることはできません。ですから、ホワイトニングをして他の歯は白くさせることができたとしても、テトラサイクリンによって変色した歯や人口の歯の色は変わらないため目立ちやすくなります。

更新履歴

レーザー 脱毛